日本のカルチャーを世界へ。

1.理念

『日本のカルチャーを世界へ』 Japanese culture to the world


春があって夏があって、秋があって冬があって、日本はよい国である。
自然だけではない。風土だけではない。
長い歴史に育くまれた数多くの精神的遺産がある。(出典:『良い国』松下幸之助)
我が国で最も誇れるものは、この無形の文化ではないでしょうか。
この誇れる文化で、この国のみんなを、いや世界のみんなをハッピーにしたい。

2.和心とは

わが国の伝統 文化 芸術
を愛する心

決して外国のそれが悪いというのではありません。

尊敬し学ばなければならない点も多々あります。

しかし我が国におけるそれは、世界的な評価も高く、我々が誇れる財産でもあります。

日本人として日本の
「公」を愛する心

一法人として身勝手な振る舞いは慎み、
「公」を重視します。

「私」の利益追求にばかり目を向けず、
「公」への還元を目指します。

「和み」の精神による
平和を愛する心

外国の方々からは揶揄されがちの日本人の
融和性や協調性。

しかし単に相手に合わせるのではなく、
互いに良いところを敬いながら合わせるのが
「和み」です。

それには国境、人種、宗教の壁は通用しません。

3.ビジョン

伝統を継承すべく革新的サービスを創造し、
各々が圧倒的プロフェッショナルの当事者意識で
無理難題に挑み、その成果を磨きに磨きあげ
最高のおもてなしで前のめりに熱く商売します

4.行動指針

伝統文化を継承すべく

  • ・自然を愛し、先祖や歴史に学びます。

革新的サービスを創造し、

  • ・常識を疑い、そもそも論から考えます。
  • ・自らは洒落て、目に見えるものを洒落させます。
  • ・世の中をざわつかせます。

各々が圧倒的プロフェッショナルの当事者意識で

  • ・お金と時間は同意語。スピード感を重視します。
  • ・プロとして心身共に臨戦態勢を整えます。
  • ・一見当たり前のことを全力でやりきります。
    ー掃除をして、道具を大事に、時間を守り、約束を遵守する。
  • ・周りの仕事は自責である。自ら積極的に助けに行きます。

無理難題に挑み、

  • ・無理な事を果敢にチャレンジします。
  • ・いついかなる時も前向きに考えます。

その成果を磨きに磨きあげ

  • ・現状否定し日々ブラッシュアップします。

最高のおもてなしで前のめりに

  • ・ありがとうをたくさん言います。
  • ・真の目的を理解して、相手の期待を上回ります。

熱く商売します

  • ・気勢を充実させて、仕事に臨みます。
  • ・暖簾を背負って、痛快イケイケに突っ込みます。
  • ・お客様は何より大事です。
  • ・常に利益を追求します。

5.和心幹部の心得

自らに対し

  • ・理念行動、率先して範を垂れよ。
  • ・心身ともに自らを鍛え上げよ。
  • ・使命感を強く持て。
  • ・外に出たら和心代表、胸を張れ。
  • ・全ては己の責任と考えよ。

部下に対し

  • ・わからないからといって、任せたと言うな。
  • ・相談される上司を目指せ。
  • ・命令は厳正な態度で下せ。
  • ・部下が興奮するフィールドを作れ。

上司に対し

  • ・会社を憂い、積極的に意見せよ。
  • ・悪い報告は、迅速に笑いながら行え。